トップ  > 統計を知ろう・学ぼう > 変化を表す

変化を表す

変化を表すときに使うグラフにはどのようなものがあるだろうか。

下の表は、ある年の東京都区部の月ごとの平均気温をまとめたものです。
何月から何月の間が変化が大きいかを一目でわかるようにするには、どうすればよいでしょうか。

東京都区部の月別の平均気温(平成21年)
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
気温(℃) 6.8 7.8 10.0 15.7 20.1 22.5 26.3 26.6 23.0 19.0 13.5 9.0

出典 気象庁ホームページ「気象統計情報」東京管区気象台(東京都千代田区)データ

セリフ

折れ線グラフにしてみよう。

東京都区部の月別平均気温(平成21年)

 気温のように、時間の経過による変化のようすを表す場合は、折れ線グラフが向いています。

 折れ線グラフは、線のかたむきで変化のようすがわかります。かたむきが急であるほど、変化が大きいことを表しています。

次へ